二十四節気「小満」の更新に合わせ、こちらのページで水景園の見どころを紹介いたします。

2020.5.20「小満」

★紅葉谷

観月橋から紅葉谷を見降ろすと、ヤマボウシが枝一面に花を咲かせています。この時期、是非見ていただきたい景色です。

★季節のお花たち

・エゴノキ(紅葉谷・芽吹きの森)
星型の花を鈴なりにつけます。ヤマボウシと並び今が見ごろの花木です。この後、灰白色の実がなります。

・スイレン(水景棚)
水生植物。これから夏に向け、長く楽しんでいただけます。

・コウホネ(里棚田)
こちらも水生植物。可愛らしい黄色い花を咲かせます。

★カキツバタ (山棚田)
木道のまわりに花がたくさん咲きます。花の間を散策いただけます。

初夏に咲く、カキツバタ、アヤメ、ハナショウブは、すべてアヤメの仲間。一見紛らわしいお花ですが、よく見れば明確な違いがあります。山棚田で見られるお花、カキツバタ(Iris laevigataは上の写真のように、真ん中が白い模様になっています。

★アヤメ(Iris sanguinea)は、花の真ん中が網目模様。また、ほかの2種に比べ、比較的乾いた土地で育ちます。

★ハナショウブ(Iris ensata) は、湿地を好みますが花の真ん中は黄色です。花期はカキツバタよりもう少し後になります。

ちなみに、無料区域にもある水辺の黄色い花はキショウブ(Iris pseudacorus )です。この時期、水辺を鮮やかに彩ってくれています。

草木や生き物に生気が満ちる「小満」の季節。水辺の花がきれいに咲き始める季節でもあります。コロナウィルスの感染拡大防止にご配慮いただだきつつ、季節のお花と緑を楽しみにいらしてください。

 


< 過去の記事 公園よろず手帖 トップ 新しい記事 >